女子高生カジノ産業と若者の関わりを探るシリーズ企画の第2弾は、秋葉原にあるアミューズメントカジノを直撃する。同店の若いメンバーたちは、ディーラーを将来的な仕事として視野に入れているのか。また、ポーカーをプレイしに来ていた学生客にも、賭けるカジノとの楽しみ方の違いなどについて語ってもらった。(清談社 松嶋千春)

アキバカルチャーも競技も楽しめる アミューズメントカジノ

秋葉原のアミューズメントカジノ『アキバギルド』。エレベーターを降り立つと、メイドスタッフたちが定番の「おかえりなさいませ」で出迎えてくれるが、ここは普通のメイドカフェではなく、メイドコスチュームのディーラーとゲームを楽しめるアミューズメントカジノだ。

アミューズメントカジノは金を賭けるギャンブルではなく、あくまでゲームとして楽しむ場だ。同店を運営するハンターサイト株式会社カジノ事業部の五ノ井洋佑さんによれば、秋葉原という土地柄、メイドスタッフに会いに来たり、突発的な観光で店を訪れるなど、カジノ目的ではないお客も多いという。ただ、最近はカジノに興味のある人も増えている。

「オンラインアプリゲームをされた方が実際に対人でやってみたいとか、海外のカジノに行く前にルールを覚えたい、というきっかけでいらっしゃる方がいます。日本のIRがニュースで取り上げられるようになって『日本でもアミューズメントでできるんだ』という感じで新規のお客様も増えていて、カジノゲームがより身近に感じられるようになったのだと実感しています。この店でプレイできるのは大富豪、ブラック・ジャック、バカラ、クラップス、ルーレットなど。なかでも1番人気なのはポーカーですね」(五ノ井氏)

メイドディーラーとの会話やアキバカルチャーを楽しむ層がいる一方で、店を訪れる人の半数は、競技としてポーカーに取り組んでいる層だという。

「弊社の代表がポーカー連盟の理事を務めていることもあり、ポーカーをはじめとするカジノゲームを文化として広めていきたいと思っています。系列店では世界共通のルールにのっとったトーナメント大会も開かれていて、予選を勝ち抜き世界大会に進出されるプレイヤーの方もいらっしゃいますよ」(五ノ井氏)

アミューズメントディーラーも IRカジノでの需要に注目

あまたある接客業、秋葉原のメイドカフェに限ってもかなりの店舗数がある中で、なぜこの店を選んだのか。2人のスタッフにメイドディーラーとして働くことになったきっかけを聞いた。

女子高生ディーラー ののさん(ディーラー歴約4ヵ月)
「ちょっと変わった経験をしてみたくて。もともとスマホのポーカーゲームをちょっとやったことがあるぐらいで全然詳しくなかったんですけど、今はディーリングできるゲームも増えてきました。とくにクラップスはお客様との会話の時間も長くて、良い役が出たときに一緒になって盛り上がるのが楽しいです」

女子高生
女子大生ディーラー、こうめさんが仕切るポーカーのテーブル。この日は学生向けのイベントが開催されていた

女子大生ディーラー こうめさん(ディーラー歴約1年4ヵ月)
「AbemaTVの『ポーカーポーカー』という番組を観てたら、猫耳をつけたすごくかわいい人が出ていて、すごく気になって調べてみたら、その人がカジノディーラーでした。そこで初めてディーラーという職業を知り、その人に憧れてディーラーのバイトを探してここに行きつきました(笑)。今は、自分でもかっこいいなぁ〜と思いながらカードをさばいてますよ!」

日本にIRカジノができるといわれている2025年頃には、就職年齢を迎えている2人。選択肢のひとつとして、ディーラーという職業は視野に入れているのだろうか。

「日々現場に立って技術を磨いているので、そこはゼロから始める人よりは一歩リードしているかも。日本のカジノなら日本語での説明の需要もありそうだし、そこにプラスして英語も勉強していきたいと思っています。ディーラーは、歳を重ねても一生続けられる職業として注目していますね」(こうめさん)。ののさんも、「頭の隅で、就職口のひとつとしては考えています」と話す。

スキルゲームを楽しむ若者たち コミュニティーとしての一面も

平日の夕刻は定例で学生向けのポーカーのイベントが開かれており、取材日当日も店は若者でごった返していた。遊びに来ていた男子大学生に声をかけてみた。

「僕は大学でサークル活動はしていないですけど、ここに来て周りの人と友達になって、コミュニティーもできて、十分楽しめています。日本にカジノができたら行きたいと思うか?僕はあまり行かないと思いますね。お金や賭け事に興味があるというより、スキルゲームとしてのポーカーを楽しみに来ているので」

最後に、ののさんの卓でブラック・ジャックを体験した。初めての対人ゲームに最初は戸惑ったが、ののさんと、手だれの常連客とのリズムの良い掛け合いがおもしろく、楽しませてもらった。

海外のカジノでは実際に賭け金が動くため、ディーラーは「ルールを守る」「ミスをしない」ということが大前提だという。ただ、五ノ井さんによれば、最近はその前提を守ったうえで、サービスや場の空気作りに重きを置く風潮に変わりつつあるそうだ。そうなれば、盛り上げ上手な彼女たちが日本のIRカジノにおいて活躍する日がくることも想像に難くない。

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on pinterest
Pinterest
Share on tumblr
Tumbir